ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

金の秤で量る

 今まで余裕がなくて出来なかったことをしよう企画は、第2弾以降全く進まなくなってしまいました。
 4月5月はとても体の調子がよく、これから先不調になることなど考えられないほどでした。でも、それは思い過ごしだったようです。ある時をきっかけに、一気に体調が崩れてしまい、6月から7月前半まではほとんど何も手に付かず、ふらふらしながらの毎日でした。

 主な症状は、胸の苦しさ・その裏側の背中の重み・低血圧・たまに低血糖のふるえ・朝起きられないなどです。症状が出てしまうと一ヶ月以上は続いてしまう。このようになる根本の原因がなんなのかわからないのだけど、低血圧・低血糖・朝起きられずというところを見れば、やはり副腎が疲れていることからくるように思われる。前半の胸の苦しさ・背中の重みも関わっていると思うが、もしかしたら副腎からだけのものではないようにも思われる。
 低血圧であることが、さらなる活力を奪い、体を動かす気力もわかない。この間は、ずっと80/50代の数値です。もう少し圧力があれば、少しは動けるのではないか?と思うところ。マクロビオティック的な観点からみると、今の私の体の状態は、超をつけてもよいのではないかと思うほどの極陰なのだと思う。

 副腎について、こんな症状について、どうすればよいのかと検索していると、こちらのサイトに出会い、たいへん参考にさせていただきました。
 自分で出来ることとしてやったことは、ご飯を玄米に戻し、塩気とタンパク質を意識して摂ること。砂糖やカフェイン、果物を意識的に避けること。すると徐々にですが、少しずつ体調が戻ってきました。
 万全とまではいきませんが、何かをしようという気力がまず戻って来て、取り組めるまでになりました。まだ朝は起きられませんが、早朝に起きられる日もちらほら出てきました。
 が、よくなってきたからといって、調子に乗っては元の木阿弥です。すぐ油断してしまうので、要注意。

 副腎の病気になって、副腎がひとつになって、こういう体調不良を繰り返す今、自分の体調は金の秤で量るように、その変化に注意を払って管理をしていかないといけないのだな・・・・・・と感じずにはいられません。
 一見、普通の健康な人に見えるけれど、そして、自分もそのつもりでいてしまうけれど、だからといってそれと同じ生活態度をとっていては、気付かないうちに体を疲弊させてしまう。

 このたび、少し対処法を得た気がするので、どこか心強い気持ちです。
 こういうことを病院で教えてくれるなら、もっと心強いのに・・・、と思わずにはいられない気持ち。

 とにかく、出来ることと忘れてはいけないことは
 体の声をきき、丁寧に暮らすこと。
 
 

関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 1 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。