ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

良性発作性頭位めまい症になった

術後7回目の診察の数日後のある朝、今までになったことのないようなめまいに襲われた。まだ、目覚める前からぐるぐる回っている。目を開けたらもっとぐるぐるする。どうも横向きになると激しくまわる。仰向けなら大丈夫だった。起き上がればどうだと試してみるが、やはりぐるぐるする。気持ち悪いし、やっぱり横になってしまう。
仰向けに。
 こんなことは初めてで、何かが普通じゃない、と感じて誰かにこの状態を伝えなければ!と真剣に思った。
 若年性の脳梗塞を患った旦那さんをもつ知人に思わず連絡してしまった。彼女は冷静によく教えてくれて、気持ちが少し落ち着きました。
 その後、そのまま少し眠ってしまった。起きてみたらめまいはよくなっていました。普通に歩けたので、近所の耳鼻科に行ってみました。
 診断の結果、良性発作性頭位めまい症とのこと。
 こんな病気も持っていたとは。
 その後、こういう激しいめまいは起こってないが、その代わり体調ががた落ちになった。
 今まで落ち着いていた症状が、ほぼ毎日出るようになった。胸の辺りが苦しくて、苦しくて。
前回の診察で「要りません~」と断ったコートリルが足りなくなってしまいそうなくらい、コートリルが必要な日々が続いてしまった。
 この状態が約2週間くらい続いた。
 こんなに連続で苦しい状態になったのは、術後初めてだった。
 激しいめまいもそうだったし、なにか思い当たる節はなにか考えたけど、とくに思いつかなかった。
 でも、知らないうちになにか負担があったのだろう。

 こんなこともあるんだ。
 副腎がひとつしかないことを再認識した出来事でした。

関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/631-0371e408
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。