ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

原発性アルドステロン症による腹腔鏡下左副腎摘除術 前日 

2012/8/15
 手術の前日は、入院日です。
 前回の検査入院の時と違って、手術を行うのは泌尿器科なので、違う病棟へ。ナースステーションによると案内の人が部屋に通してくれます。大部屋を希望していたのに、なぜか個室へ案内されました。どうも手術用の個室だそうで、手術を行う人が使う個室のようでした。なので、料金は発生しません。
 部屋は通常の個室よりも大きめで、その半分をもてあましている感じ。看護師さんがすぐに手術前の説明に来ました。とりあえず荷物を解き、着替えて横になり、検温と血圧測定。
 この日はとても忙しかった。看護師さんから手術までの流れを聞き、執刀医から直接手術の説明を聞き、今度は麻酔科の医師から麻酔の説明を受け、手術に立ち会う看護師さんからも説明を受けました。どの方からも安心感を得ることが出来て、とりあえずほっとする。
 執刀医は自分と同じくらいかもしかしたら若いくらいの人でした。実際に使用する器具なども見せてくれ、きちんと説明していただきました。たくさん恐ろしい話も聞かされた。同意書も何種類か書きました。
 麻酔科の医師は、気さくで明るさを持った人で、こちらの不安もきちんと聞いてもらいました。この方も若かった。
 全身麻酔のほかに硬膜外麻酔というのをするようなのですが、この硬膜外麻酔に私も母も若干不安を持ってました。でも、この硬膜外麻酔をすることのメリットデメリットをしっかり話してくれ、実施する方に気持ちを固めることが出来ました。
 手術室の看護師さんも丁寧に当日の流れを説明してくれました。とても意外だったのは、手術室で好きな音楽(ジャンル)を流すことが出来て、それをどれにしますか?と聞かれたことです。麻酔で眠ってしまっておそらく聞いていられないだろうに。どちらかといえば、執刀医の好きな音楽を流してください…とも思ったが、じゃぁ洋楽POPで、とお願いしました。
 この間に、私が行っていたことは2Lの下剤を飲むということ。13時くらいから飲み始め、17時くらいまでに飲み干さなければいけないのですが、実際は21時までかかりました…。21時以降は水を飲むことも禁止となっていたので、必死で終わらせました。普段からあんまり水分をとれる方じゃないので、結構きつかった。味もおいしいとはいえないし‥。
 15:30くらいに看護師さんが、へそのゴマを取りに来てくれ、それからシャワーを浴びました。あがるとすぐに点滴の針を入れられました。18時ごろと言っていたのにずいぶん早く不自由になってしまった。
 下剤の効果はすぐには現れず、19時くらいになってから徐々に。でも、あんまりスッキリした感がなく、おなかは結構張ったままでした。でも、出るものはなく、肛門からおしっこが出ているかのごとく液体となっていたので、たぶん便は全部出ていた、と思う。
 18時くらいに母が帰り、その後は音楽など聴きながらケータイをいじっていました。個室だから音楽もイヤホンなしで聴けるのです。あっという間に消灯の時間。特に明日の手術に対して、緊張することもなく普通に眠ることが出来ました。
 病室が下水くさいのが難点でした。

関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/625-8ab6f7b1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。