ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

原発性アルドステロン症 症状

 検査の結果が出て、手術を待つ間、約1カ月半ありました。
 その間、セララとアムロジンを処方され服用。血圧は朝の平均が122/86、夜の平均が118/76と下が高めの時が何度かありましたが、比較的安定してました。
 ただ、血圧がよい数字を出しているからと言って、体調がよいというわけではありませんでした。元気な日もありますが、ダメな日のが圧倒的に多かった。
 どうダメなのかというと、私の場合ですが、まずは全体的にだるい、力が出ない。筋肉に力が入らない。だから疲れやすく、家にいるときはほぼ横になっていました。力が入らないというのは、おそらくカリウムが少ないのも関係しているのでしょう。
 そして、たまに心臓の辺りの圧迫感、そして動悸。
 気持ちは元気なのだけど、体がついて行かないという感じでした。会社にも普通に行きましたが、本音は家で休んでいたかった。見た目は元気そうなので、体の中の辛さはなかなか周りにはわかってもらえません。
 手術日を待つようにだんだん弱っていった感じがありました。勤務後にどこかに寄り道なんて出来ないし、飲み会などそういったことなど到底不可能でした。だから、まっすぐ家に帰って、早く横になる。そうしないと次の日がもつかどうか自信がもてなかった。こんな感じだから、いっそ早く入院したいとさえ思った。
 そんな症状の中、私が出来たことといえば、薬を飲み、カリウムの多い食品を取り、よく体を休めるということぐらいでした。
 人によって症状はまちまちだと思いますが、私の場合はこんな感じでした。

関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

あきのり says...""
はじめまして、ぼくも、原発性アルドステロン症と、診断され、カテーテルで副腎の、血液サンプリングをとり、どちらかに、腫瘍があるかの結果まちです。買い物に、いっても、急に脱力感がでたりして歩けなくなったり、息もしずらくなったりして、どこに、行くのも不安な日々をすごしています。けど、今このブログを読んでなぜか、心強くなりました。来週手術ができるかどうかの結果がでるので、がんばります
2014.10.19 23:05 | URL | #- [edit]
ゆなりんご says..."あきのりさん"
初めまして。コメントありがとうございます。
今は副腎静脈サンプリングの検査結果待ちなのですね。
ホルモンのバランスが崩れていることによって現れてくる症状は、人知れず苦しいものです。
症状も人それぞれですしね。
不安もたくさんあるかと思いますが、ひとつひとつを受け止められますように。
2014.10.23 09:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/623-ce970e35
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。