ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

製本!(スクーリング科目「創作演習9」)

8月5日 編集の実践 最終日

 2週間の間にデザイナーさんと先生方が原稿を出力してくれます。なので、今日まで自分で提案したデザインがどのようにあがってくるか知らないわけです。本日、自分で書いて編集した本が出来上がるわけなので、朝から楽しみで。

 まず、本文を配られました。合っているかどうか、台割りを確認します。
今回は一折り4ページで印刷されていたので、それをノンブルの順になるように、丁寧に折って重ねていきます。
 次に、見返しと別丁扉。用意した見返しと別丁扉を順に重ね、表紙の台紙となる厚紙を前後(表1と表4)に当て、キッチリとずれないように几帳面にそろえ、クリップで仮止めします。そして、製本用のボンドで背を塗り固めます。
 ボンドが乾くまでの間、ランチ。
 そして、表紙を厚紙に貼り付けるために形に裁断します。背になる部分に厚紙を貼り、ここではなぎれとしおりを表紙の紙につけます。先程の本文のボンドが乾いたら、形に切った表紙でくるみます。私はここで、角を切りすぎて本文の厚紙の角が見えてしまう、という失敗をしました。そこは仕方ないので、表紙と同じ紙で先だけをくるみ、厚紙を隠しました。
 表紙をくるんだら、見返しでその表紙を押さえるように貼ります。これで、まず本としてはひとまず完成!あとは、カバーと帯です。

 カバーと帯を配られたときは、みんな小さくもひと歓声をあがりました。やっぱりカバーがどんな感じかで本の印象はずいぶん変わります。みんなそれぞれすてきな物に仕上がっていました。
 帯も、帯の文句も自分たちで考えて提出したのですが、それ以上に本物らしい文句を先生たちが挿入してくださり、より本物のようになっていました。
 カバーと帯を丁寧に切り、製本したものにふんわりとかけて、完成!!

IMG_0281-2-s.jpg


 書店に置いておいても見劣りのしない!ように見えます。最低でも16ページなのでごくごく薄いんですけどね。
 完成後は、講評です。デザイナーさんも来てくれまして、どんな意図をもって作成したのかなど話してくれました。8人が参加していたのですが、それぞれがそれぞれの内容の話で、全く違った装丁で本が完成しました。著者近影、略歴、奥付もちゃんとあります。
 本が出来上がっただけで、こんなに嬉しい。非売品の薄―いものだけど、誰に読まれるわけでもない本だけど、自分たちで切ったり貼ったりもしたわけで、唯一のものなわけで、るんるんするわけだ。本物の本が作れたらいいなぁとちらっと思った。

 今回の授業で、先生たちの指導する姿から「編集の仕事」というもの、「編集者」というものがどんな感じなのかを感じ取ることが出来た。「プロ」をむんむんと感じた。それも大きな収穫のひとつだった。
 

関連記事

Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/622-30ceb1d4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。