ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

原発性アルドステロン症検査入院の結果

6/27
 検査入院が終わって10日後、結果を聞きに行きました。
その前に、高血圧性の眼底検査が10:00に入っていたので、まずは眼科へ。だけど、この眼科がえらく長引いて、11時の内科診察が大きくずれこみました。予定も変則的になり、検査の途中で内科診察に行き、そこでも時間がかかるのか、先に安静後採血をといわれ、それが終わって、また内科診察(結果をきく)、その後眼科に戻り、内科診察で紹介された手術をする泌尿器科を訪ね、受付で手続きをして、会計をしてようやく病院を出れたのは15:30過ぎでした。
結果は、やはり左副腎にある腫瘍からアルドステロンが大量に、コルチゾールが少し出ているとのこと。見せかけではありませんでした。なので、手術可能という結果が出ました。ただ、腫瘍が大きすぎるので、腫瘍だけをトルと言うことは難しいそうで、副腎も丸ごと摘出になりますと言われてしまった。それは、ちょっと残念だったなぁ。出来れば、臓器は残しておきたかった。でも、出来てしまった腫瘍は小さくならないし、このままだったらもっと大きくなる一方だろう。アルドステロンが大量に出っぱなしになるリスクを考えれば、摘出は適当だろうと思う。
 説明のあと、すぐに実際手術をする泌尿器科の医師を紹介してもらい、面会。そこで、とんとんと手術日が決まり、入院日が決まった。早くて1ヶ月半先。早くやって欲しいのだけど、まぁしかたない。
 面会が終わったあと、泌尿器科の看護師さんが、入院・手術についての説明をしてくれた。スケジュールがすでに作られていて、入院は手術の前日。その日はいろいろと大変そうだった。ご飯は食べられないし、下剤を何時間かかけて入れて腸の中の物を全部出さなくちゃいけなかったり、水も飲めなかったりだからそのための点滴をしたりと余裕がなさそうだ。その説明を聞いた時点で、億劫な気分に。またT字帯と、今度は板おむつというのがいるのだそうだ。だから、念のため売店で買って帰ってきた。

 今日はまた疲れた。まだ手術までちょっと時間があるけど、先が見えたのでよかった。手術後は片方の副腎が安定してくるまで、だるさや疲れがあったりするだろうとのこと。今年中には元気になれるかなぁ。

関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

ちょびこ says...""
こんにちは
私も先週、原発性アルドステロン症の検査入院をして、来月の結果を待っているところです。色々参考にさせて頂きました
また覗かせて頂きます
2012.08.22 16:42 | URL | #- [edit]
ゆなりんご says..."ちょびこさん♪"
コメントありがとうございます。
少しでもお役に立てたのなら、本望です。
検査入院お疲れ様でした。結果が気になるところですが、まずはご自愛くださいね。
2012.08.29 14:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/619-a9b870d6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。