ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

原発性アルドステロン症検査入院 6日目

6/13
 本日の検査はラシックス負荷試験(フロセミド立位負荷試験)というもの。空腹時で採血をしたあと、ラシックスという利尿剤を静脈注射し、その後2時間立ったままで過ごし、その後再度採血をして終了、という検査。軽い歩行は可能。
 入院した当初、同じ部屋の同じ病気の方が、この検査をしたばかりで、とても辛かったと話していたのを聞いたので若干不安でした。
 検査開始後は、病室内をうろついたり、洗濯機に洗濯物を入れに行ったりして、何気に時間は早く過ぎて行きました。なかなか大丈夫だな、と思っていた矢先、あと30分というところで、気持ち悪くなってきて、目の前がちかちかし、黒くなってきたので、これはダメだとナースコールをしたのだけど待っておられず、そのままベッドに倒れこんでしまった。周りの皆さんの証言だと、見る見るうちに顔が青くなったそうな。
 すぐに先生と看護師さんたちが来てくれた。ベッドにちゃんと横にしてくれて、即座に点滴。足元を高くしてくれた。手がしびれも訴えた。主治医の先生が、大丈夫だからね~、と手を握ってくれた。手を握ってるのわかる?大丈夫だからね、と懸命に励ましてくれたことに、朦朧としながらも感動した。意識がまだあったのでそういうのも認識できてよかった。
 しばらく横になっていたら、だいぶ戻ってきた。先生の話によると、脱水と自律神経のバランスが崩れたことによるそう。一時、病室が騒然とし、お騒がせしてしまいました。こういうこと、日常でもたまーにあるので、今回は病院で本当によかった、と思った。
 残り30分で倒れてしまったから、もしかしてこの試験は無効でもう一回やらなくちゃいけないのかなぁと恐る恐る聞いてみた。そしたら、笑顔でこの試験はこれで終わりです、と言ってもらえたのでホッとした。また、2時間立ちっぱなしはやっぱりいやだもんなぁ。こういうことは4人に1人起こるのだそう。
 昨日といい今日といい、大変な日が続いたなぁ。

関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/614-20a545f1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。