ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

治療のきっかけ

 入院することになりました。まずは手術が可能かどうかの検査入院。
 3月に受けた人間ドックで副腎に腫瘍があることがわかり、その時点ではまた3ヶ月後に再検査を受けてください、という程度で終わったのですが、その3日後ぐらいからどうも心臓のあたりが苦しく、ドキドキする。行動を早くすることも出来ないし、走ることなどもちろん出来ない。でも、そのうち治るかなと思いつつ2週間くらい続いたので、ドックを受けた病院に診てもらいに行った。
 初め心電図を取ってもらったのだが、こちらでは特に問題はないとこのと。では、どこなのか。医師の話では、ドックで見つかった副腎腫瘍が関係しているかもしれないと話があり、その日に副腎から血液にどれだけホルモンが出ているかを調べる血液検査をして、その日は帰った。
 結果は2週間後。やはり血液に桁外れのアルドステロンというホルモンが出ていることが分かり、また桁外れにカリウムの数値が低いことが分かった。これはほぼ間違いなく原発性アルドステロン症ですね、ということになり、そこからはもうトントン拍子に入院手術への話が進んだ。
 原発性アルドステロン症の治療としては腫瘍が出来ている副腎を丸ごと摘出してしまうことだという。ここからは大学病院などの大きい病院じゃないと治療出来ないということなので、紹介状を書いてもらうことになった。
 
 ここまでで、どんなにどんよりしたことだろう。入院とか手術とか、まず面倒くさいし、それよりなによりそんなお金どうすればいいのか。入院中は収入も当然なくなるし、どうなっちゃうのか。とまず考えたことはそういうことだったなぁ。そして、臓器を丸ごと取ってしまうことへの不安、病院に入ることへの抵抗、そうだ大学の方はどうなるのか、もっと早くわかっていれば休学したのに…などなど、いろんなことを考えすぎてそれにより疲れてしまった。そうすることによって、また心臓はドキドキしちゃうし、よくないなぁと思ってもう考えるのはやめた。なるようになれ。そう思うようにして、少しずつ受け入れられていった。


関連記事

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/604-d8061b4b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。