ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

テーマを観点にして読む(スクーリング科目「文芸講義7」)

11月26日、27日
「文芸講義7 文学への視点2」

今年度5回目のスクーリング。
文学への視点ということで、小説をテーマ別に読み解いていくという試み。
もちろん1つの小説にテーマがひとつだけとは限らないので、あらゆる角度から読むことが出来た。

【1日目】
2講時 【旅】
 ナボコフ『初恋』(『ナボコフ短編全集Ⅱ』所収、作品社)、
 夏目漱石『草枕』(新潮文庫、岩波文庫)、
 コンラッド『闇の奥』(光文社古典新訳文庫)

3講時 【子供】
 谷崎潤一郎『少年』(『刺青・秘密』所収、新潮文庫)、
 大江健三郎『芽むしり仔撃ち』(新潮文庫)、
 コレット『青い麦』(光文社古典新訳文庫)

4講時 【恋愛】
 井上靖『猟銃』(新潮文庫)、
 スタンダール『赤と黒』II-17,18(岩波文庫)、
 E・ブロンテ『嵐が丘』(新潮文庫)

【2日目】
2講時 【戦争】
 井上ひさし『父と暮せば』(新潮文庫)、
 開高健『輝ける闇』(新潮文庫)、
 トルストイ『戦争と平和』(岩波文庫)

3講時 【異界】
 中島敦『山月記』(新潮文庫)、
 柳田国男『遠野物語』(新潮文庫)、
 ダンテ『神曲』地獄篇(集英社文庫)

4講時 【病い】
 堀辰雄『風立ちぬ』(新潮文庫)、
 正岡子規『病牀六尺』(岩波文庫)、
 トーマス・マン『魔の山』(岩波文庫)

 そして、この講義のスクーリング課題は、授業で取り上げたテーマの中から1つ選び、2つ以上の文学作品を読解せよ、というものだったので、「恋愛」を選びました。それは単に、この課題以外にも課題を抱えていたので、出来るだけ短い作品を・・・と考えたとき、『猟銃』がぴたりとはまってしまったからです・・。
 それに加えてラシーヌの『アンドロマック』と合わせてレポートを書きました。
 『アンドロマック』も比較的短めの戯曲で、勧めてもらいそれに決めたのですが、今の私にはまだまだ難しく、なんとか書き終えたけどもなんだか中途半端な感じが残ってしまったなという感じだ。評価はいかに。

関連記事

Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/596-910bdab9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。