ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

世界の文学作品に触れる(スクーリング科目「文芸講義2」)

11月11日~13日
「文芸講義2 外国文学」

4回目のスクーリング。
今回は、2日目と3日目だけ受講会場がキャンパスでなく別のところであった。そういうこともあるんだなぁと思いつつ、会場が変わるだけで変化が出て3日間、すぐ過ぎたような気がする。
 今回は「外国文学」と題して世界のあらゆる文学を取り上げた講義だった。

 1日目:
   1講時 シェイクスピア『マクベス』と『ロミオとジュリエット』
   2講時 ラクロ『危険な関係』と心理小説の系譜
   3講時 フロベール『ボヴァリー夫人』
   4講時 ウィーンからプラハへ(シュニッツラー『夢小説』、カフカ『城』)

  2日目:
   1講時 ジェイン・オースティンと19世紀イギリス小説──『エマ』を中心に
   2講時 教養小説の系譜──ゲーテからジョイスまで
   3講時 小説と世界──ヘンリー・ジェイムズの方法
   4講時 意識と小説──ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』を読む

  3日目:
   1講時 プルースト『失われた時を求めて』
   2講時 フォークナー『響きと怒り』
   3講時 ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』
   4講時 ポストコロニアル文学と新しい文学の潮流

1日目は18世紀より以前のもの、2日目は19世紀、3日目は20世紀といっただいたいの流れの中で進んで行った。先生たちも仰っていたけど、時間の都合上余りにも駆け足過ぎて、ほとんどが紹介程度でした。自分で深く読み解いていかないと記憶の奥底に追いやられてしまうなぁ。
 そして、付きもののスクーリング課題は、この講義の中で強く関心をもったテーマや作家から一つ選び、第三者に紹介しながら論述展開せよ、とのことだったので、迷わず「シェイクスピア」を選びました。
 いろいろ調べていくと、やはりおもしろい。今までのシェイクスピアのイメージが少し変わったなぁ。シェイクスピアの戯曲が文学として今日まで残ってきたのはどうしてか、といったことをテーマにしてかいたのだけど、その時代の演劇のおかれる立場とかその背景とかその時代の流れの中でシェイクスピアの作品の扱いはどんな変化を遂げて来たのかなど、こうゆう課題でもないと探らなかったかもしれないので、これはとてもいい機会だった。

 あぁ、課題に追われることなくゆっくり読みたい。
 でも、追われでもしないと出会わないものも多い…。

関連記事

Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

ぐるぐる says...""
外国文学だね~!!
あこがれる~!というかカッコいい!というかすごいステキと思うo(^^)o
2011.12.08 22:35 | URL | #- [edit]
ゆなりんご says..."ぐるぐるちゃん♪"
そうなの。これらの作品を普通に語れたらかっこいいよねぇ。私なんて全然読めてないのに、授業で扱ってくれるだけでその作品を垣間見れるので、それだけで知ってる気分になってる時があって困ってしまうわ。
2011.12.09 00:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/594-ec85bc75
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。