ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

小説の読み方を知る(スクーリング科目「文芸講義4」)

8月26日~28日
「文芸講義4 小説の構造と技法」

 私にとっては3回目のスクーリング。2単位取得出来るスクーリングは3日間で全12コマ。これを密かに怒濤のスクーリングと呼んでいるが、今回はもちろんどっと疲れたが、前回ほどはしんどくなかった。
 今回は「小説の構造と技法」という副題で、それはそれは楽しみにしていました。楽しみにしていた期待を裏切らず、その内容はとてもためになるものでした。

 1日目:語り手・視点・謎の効用
 2日目:物語と時間・イメジャリー・どんでん返しの仕掛け
 3日目:提示と叙述・エンディング

 必ず1日に1コマ、ワークショップの実施がありました。
初日は視点の観点から、映画『東京物語』のワンシーンを小説に翻案する、というもの。思いがけず『東京物語』の映像を見ることができ、人知れず和んでいた。もちろん課題はちゃんと書いた。
 2日目は、時間の観点から『オイディプス王』の一場面をストーリーからプロットへの変換・要約を試みた。ここではストーリーとプロットの違いがクリアになってかなりの収穫があった。でも、この課題は少し難航した。
 3日目は、提示と叙述の観点から『ハムレット』の戯曲のワンシーンから小説に翻案する、ということをやった。自分の戯曲への解釈に自信がもてないこともあり、もしかしたら見当違いの翻案になってしまっているかもしれない。

 そんな感じで、ワークショップも交えて楽しい講義だったのです。なにより、小説というものがこんな風に成り立っていてこんな風に読むんだ、ということがわかったような気がした。今までは小説を読んでいても、何を読み取ればいいのかいまいち掴めずにいたのだけど、こういった構造や技法、さらにはそれらが作られた時代背景を知ることによって、その作品のおもしろさ、奥深さをより実感をもって味わうことが出来るということの実感にわずかではあるが触れた気がした。

 やはり、「知る」ということは大事だな。知らなければスルーしてしまうことは、きっと多い。

関連記事

Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

ぐるぐる says...""
たっぷり学んでるねぇ(^^)

休み返上で学んでるのに
充実感がツタワってくるもの。
2011.09.04 05:19 | URL | #- [edit]
ゆなりんご says..."ぐるぐるちゃん♪"
そうねぇ~。たっぷりかも。
もう少しゆっくり学びたいと思いつつも、詰まってるくらいが調度いいのかも、と思ったりもするこの頃。
迫りくるものがなければ、どんどん延びてしまいそうだし・・・私…。
でも、やっぱり仕事せめて3分の1くらいに減らしたい気分~!
2011.09.10 21:33 | URL | #- [edit]
BR_GIRL says..."ご無沙汰です"
りんごの季節になってきました。ごぶさたです。
スクーリングで芸大の大学院に通われてるのかな?
がんばってください☆

学生時代、翻案で見当違いをしずいぶん恥ずかしい思いをしたことが
ありました。でも、社会に出て仕事をする上で役に立ったなぁと思うことがありました。

私は古典~民俗学が専修でしたが、大江健三郎をもっと突っ込んで読めばよかったと少し後悔してます。。。

暑いのでご自愛ください!
2011.09.14 16:49 | URL | #NTNiHB3. [edit]
ゆなりんご says..."Re: ご無沙汰です"
こちらこそご無沙汰してます。お元気ですか?

大学院ではなくて、大学なんですよ。
院にも興味ありありです。
古典から民俗学まで専修してらしたんですね~。おもしろそうです。

はい、りんごの季節やってきました!とはいえ、まだまだ暑いので、
BR_GIRLさんも、ご自愛くださいね。


2011.09.19 00:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/570-0b2c2c66
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。