ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

クレーさんが教えてくれました

「絵を描く」ってことは、創作するという点では本を書いたり、映画や舞台を作ったりするのと同じだ。
でも、絵はそれらより自由だな~と今日感じた。
自分のイメージをそのまま表すことが出来る。
でも、ホンを書くにはそれを文字に起こしたり、組み立てたりしなくてはならない。

描きたいから描く、描きたいように描く。
ように、変に難しく考えず構想出来たらもっと広がるのだろうな。
頭の中だけは無限大の想像を許されているのだから、そこに余計な制限をかけるのはもったいない。
「あ、絵描こう」というようにホンを書ければ、きっといいな。


その絵が何を言っているのか、どんな思いが込められて描かれているのか、そんなことはわからない。
わからなくていいのだ。わかろうとしなくてもいいのだ。
それを観て感じればいいのだ。
絵はそうやって鑑賞できる。

でも、本や映像や舞台を観るときは、なぜだか何かを求めてしまう。
それを観たからには納得したい、というような感情が起こっているのか、
○○でなければならない、という前提で観てしまっているような。
見る側がどうしてもそれに意味を持たせたがってるような。
だから創る時も苦しいのかも。


視覚から飛び込んでくる情報はダイレクだからか、私は視覚から訴えられるほうがつかみやすくわかりやすい。
ボーっと眺めているだけでも何かを受け取っているような感じ。
でも、私の勝負どころは今、文字なのです。
イメージ(映像)から文字への変換。
文字からイメージへの変換が柔軟に出来るようになればきっともっと自由になるのかもな。
想像力だなぁ~。


そんなわけなのか、急にdrawingしたくなって久しぶりにスケッチブックを開いた。
夢中で無心で気がつくと夜が明けて、小鳥のさえずりが・・・。
たまーにある、こうやって徹夜しちゃうこと。
次の日に響いちゃうけど、まぁいい。
まさに没頭だ。


パウル・クレー展でお気に入りの絵のファイルやらハガキやら買ってきた。
パウル・クレー展
他にiphoneケースやマグカップでかわいいのがあった。
マグカップほしい!と思ったわ。
iphneケースも今ケースを持っていなかったら買っていたかもだな。
だって、クレーの絵よ。

関連記事

Category : ひとりごと
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

ぐるぐる says...""
うん、わかるなぁ。。。

絵の方が、作者の感じたことや伝えたいことを、その通りに受け取っても受け取らなくても違う風に感じても構わない、という前提で、創作したり鑑賞したりしてるからラクなんだよね、きっと。
文学や演劇など活字を介するもののほうが、作り手も受け取り手も、伝わることの誤差が少ないと思っているから、本当にハマったときはダイレクトにグッと刺さるけど、外れる率はその分大きい、みたいな感じかしら。

でも、どちらもあじわいふかいものね。

iphneケース売っていたのか。。。。行ったら買っちゃうなあたし(^.^)
2011.07.05 05:16 | URL | #- [edit]
ゆなりんご says..."ぐるぐるちゃん♪"
「どちらもあじわいふかい」
いいこと言うなぁ。
そうだね、その通りだ。

絵ってきっと学ぶといろんな構図とか手法とかいろんなことが他のものと同じようにあるんだと思うんだけど、基本、感性ひとつで書き上げてもいいんだと思うんだよね。
そこがいいよね。考えなくていい。
ホンや映像は感性だけではかけない。考えて考えて作り出す。
そこがそのおもしろいところ。
なんだけど結構苦しいんだよねぇ。
でも、産んでしまうとすごい「やった!」が待ってるんだよねぇ。
あぁ、でも出来ることなら絵を描くようにホンを書きたい・・・。

iphoneケースかわいかったよ~。
ひとつだけ売れてる絵柄があった☆
2011.07.11 13:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/559-9fcee303
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。