ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

あの頃の「時」に思いを飛ばす

取り戻したい時間がある。
というよりは、
もう一度その時間と空間に潜り込みたい、
と言った方がしっくりくる。

その時間は、きらきらしていて
誰にも邪魔されない、いつまででも続くような時間。
今となっては、とっても貴重で
社会人になってから「あの時間はもうやってこないんだ」と気づいたときの
喪失感は、同時に大人の時を過ごす覚悟も一緒に連れてきた。
仕方ないからその現実を受け入れて今に至る。

私はひとりっこの鍵っ子だったので、
学校が終わって家に帰ってから親が帰ってくるまでは
ずっとひとりだった。
だからひとりの時間はたーくさんあって、
その時間が主に今の私を作っているといってもいいくらい。

寂しかったり、怖かったり、ということもあったけど、
それなりにひとりの時間を楽しんでいた。
小さい時は主に手紙を書いていた。
友達とかおばあちゃんとか親戚のおばさんとか。
だんだん、便せんとか封筒も自作するようになったりして。
学校でいろいろ学んでくると、
新聞を作ったり、はたまた詩ををつくったり。
中学生になってからは英語の辞書を眺めたり。

そんなことをしていると、あっという間に親の帰宅時間がくる。
でも、それは親が帰ってくるのを待っている時間でもあったな。
親が帰ってきて夕ご飯を作る時間も好きだった。
私は、たまーに手伝ったりするけど、
ほとんどは勉強したり、好きなことをやっていた。

そんな時間。

子どもの頃は時間がとてもゆっくりだ。
ゆっくりに感じるだけなんだろうけど、
私にはその頃のスピードがちょうどいい。
今は、生活の一切を全て自分でこなさなくてはならず、
自分の時間を持とう、とするときには
すでに疲れ果てて眠ってしまったりする。

あのゆったりとした、延々とした時間。
もう一度欲しい。
立ち止まってゆっくりしたい。
勉強したい。
いろんなところに出かけていろんなものを見たい。
たーくさんのお金があれば、出来なくもないんだろうけど。
今のわたしにはちょいと・・・。

太陽の光がふりそそぐ放課後の図書館の時間や空気感が
私の頭の中にずっと残っていて、
その印象がその時間たちを私の中できらきらとさせるのだろう。

ちょっと懐かしくなって、戻ってみた。

関連記事

Category : ひとりごと
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

ぐるぐる says..."そうだよね"
そうだよね、子供の頃ってすごくゆっくり時間が流れてた。

学校から帰ってきて、夕食までの何時間かが、
誰と遊ぼうか、何してすごそうか、なんのテレビみようか
・・・今ならヒマでもなんとなくぼーっとして
終わってしまいそうな時間が、
子供の頃はすごーく長く感じていた。不思議ね。

あたしはひとりっこじゃないから、
小さい頃は、そういう意味での寂しさを感じたことがなかったけれど、
大人になってから、
共感できる友人をなかなかみつけられなかったりして、
そういうところで孤独を知ったわ。

いまは、ゆなみちゃんと同じくひとりの時間がたのしい
タイプの人間よ。

でも、ひとりを楽しめるほうが、良いと思う。
だれかいないと寂しくてなにもできないより、
いっぱい人生たのしめるっしょ(感情をこめたら北海道弁)
2011.04.26 03:28 | URL | #pIf6vKfw [edit]
ゆなりんご says..."ぐるぐるちゃん♪"
そうそう。放課後から夕食までの時間帯が
これほどまでに貴重な時間帯だったとは、
大人になるまで気付かなかったよ。
その頃はそれなりに謳歌していたからいいのだけど、
もう一度、あの感覚を日常に取り入れたい!って切に思うわ~。

そうだね。私も、寂しがり屋だけど、
「ひとり謳歌可能型」でよかったと思ってる。
「ひとり」の中には必ず自分と向き合う時間が含まれていて、
それがないとやっぱり奥行きが出てこない感じがするんだよね。人生に。
幅が広がらないというか。
ぐるぐるちゃんの言うとおりです。
思わず故郷の言葉が出てくるのも、十分うなずける^-^
2011.04.27 00:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/552-3f1a78c2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。