ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

カンパニーデラシネラ 「あらかじめ」@青山円形劇場

カンパニーデラシネラ、小野寺修二氏の「あらかじめ」を観てきた。
昨年の「異邦人」(シアタートラム)を観劇してから、すっかり魅了され、
今回の公演もぜひ観たいと願っておりました。
時が時だけに、公演自体、あるのかな、ないのかな・・・と様子をみつつも、
拝見することが出来て本当によかった。

やっぱり
とてもおもしろかった。
なんだろうこの新しい感じを受ける感覚。
ひとつひとつを観たときのおもしろさと、
全体として感じるものの違いがまた興味深い。

円形劇場ということもあり、小道具など出ハケも全て役者がやるのですが、
そのハケ方など本当に創意工夫がなされていて、
いや、この一言で表してしまってはは申し訳ないほどの創造力だ。

小道具のひとつひとつもとても凝っていて、驚きと笑いをくれる。
細かく練り上げられていった過程が伝わってきて、さらに感服。

役者の身のこなしも素晴らしくて、その動きに目を奪われずにはいられない。
体の動きだけでこれだけのことを表現できるんだ。
この演目。
演者は大変だろうなぁと思う。小道具の出ハケも全部覚えて、
ハケた先の置き場とかも綿密に決め、覚え、
どのタイミングにどれを出し、そして自らもでなければならない。

でも、楽しそう。
役者としてこんな舞台に立てたら、
おもしろいだろうな~。

2009年3月の再演も見たかったなあ。
やっぱり少し違うのだろうな。

こんなにも刺激を得られて、有難い。
小野寺さんにはこれからも注目続行。
また次の公演も楽しみだわ。


arakajime

関連記事

Category : かんげき
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/548-ac57eed7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。