ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

「好き」から生まれるもの

「博士の愛した数式」
この間の土曜プレミアムで初めて見ました。


とても奥の深いところを数字を通して語っているのだけど、
それがとても不思議な感じがして、
また心地よかった。

「数字」という一見お堅いようなものなのに、
実はとても柔らかいものを持ってるんだな、って。


いい映画だな~って久しぶりに感じた。
原作も読んでみたくなったし、
原作者の本も読んでみたくなった


「博士」の数字に対する愛が、とてもステキなのです。
純粋で、目を輝かせて、一つ一つの数の長所を嬉しそうに話す。

純粋すぎるまでに好きなものがあり、
そしてそれを心から愛している。

そんな博士の言動を見ているうちに、
「足りないのはこれか・・・」って思った。
こういうことか、って。



純粋に人を好きになり、
純粋に人を愛し、
純粋に人を信じる



そういうことを心から出来れば、
自分は変わり、
未来が変わり、
人生が変わる。


心の腐った部分を取り除いてくれるそんな映画でした。




それに、今まで数字や数学って苦手、って思ってたけど、
でも「すごく興味ある」ってことに気付いた。


「苦手」とか「嫌い」って勝手に自分で思ってたけど、
実はそうでもなかったんだな~って思ったら、
少し世界が開けた感じで嬉しかった。


「好き」と「嫌い」は
本当に背中合わせなんですね~。

そう考えると「嫌い」が「好き」に変われるものは
きっといっぱいある。

そうしたら、きっと楽しい。未来も明るい。
そうだ、「好き」に変換していこう
関連記事
Category : ひとりごと
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/344-7df83ecb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。