ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

「捨てる」

ものの「捨て方」。

そんなことを感じました。
事務所の引越しがあって、荷詰めとともにたくさんの不要なものが出てきます。

それを捨てる捨て方が、その人自身を表してしまうものだなぁと。
いやはや、どんなに装っても行動の端々に自分が出てしまう、ということですね・・。
怖いですね~・・。

吐き捨てるように、イヤ~なものでもみるかのように
「要らない!とっとと出てって!」と言わんばかりの態度でボンボンゴミ箱なりに放り込む。

モノに罪はないのに・・・。
「在る」ということに腹が立つのでしょうか、
「捨てる」と言う行為に快感すら覚えているような感じもします。
ゴミ箱に放り込まれた後のモノたちの姿があまりにも無惨です。
必要だからそこに来たはずのものたちなのに、感謝のかけらもかけてもらえず捨てられちゃった・・・
そんな雰囲気を感じてしまいます。

また、分別なく捨てられたゴミ箱。
この姿もまたその人思い浮かべてしまいます・・・。

「捨てる」ことはサイクルの中で重要なポジションです。
まぁ、今の時代はあまり還元されないのでしょうけど、
でも、「捨てる」ということは次に生かす、次を生かすということ。
それを蔑ろにするということは自分自身をも無造作に捨てているということ。

捨てるときに、
せめて心の中で「ありがとうね」って呟いてあげられたら
何か変わるんじゃないのかな~
って思いました。

関連記事

Category : ひとりごと
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/253-da04a67f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。