ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

KMA B1【7】

今日のノート

<調理実習⑤>
・野菜入りひえ     ・そばの実スープ
・セイタンシチュー   ・かぼちゃの種のふりかけ  
・浅漬け        ・フルーツクランチ    ・三年番茶

KMA B1⑤お手本
 デモンストレーションの盛り付け

本日大ヒット!野菜入りひえ
これはなんだかすごい発見をしたような気分にさせられました。
ひえとカリフラワーで、本当にマッシュポテトのようになりました☆
食感が似ているので味もそんな感じがしてきました・・・。私だけ?
なんだか「玄米が入らないなぁ」とか「ちょっと体が疲れてるなぁ」と感じる時にいいお料理だなと思いました。
     ・前回雑穀を使用したときも記しましたが、雑穀を洗ったときのにごりはえぐみなので、
      玄米を洗うよりも念入りにきちんと洗うこと。にごりがなくなるまで!
     ・雑穀は基本的に圧をかける必要なし。たかきびはかけてもよいそう。
     ・今回のお野菜はカリフラワー。中心まで切り込みをいれて後は手でさきます。
      その他にかぼちゃや長いもなどを使用してもよい。
     ・ひえは冷めると固くなるので炊き上がりが多少水っぽくても大丈夫だそう。
     ・余ったらコロッケにしたり、おかゆにしたり、スナックにしたりと用途も豊富な一品。

そばの実スープ(冬から春にかけて飲むとよい)
     ・そばの実・・・体を温める働きがある。
     ・だしに干し椎茸と切干大根をしようしたのですが、
      干し椎茸・・・肉の脂 大根・・・魚の脂を落とす働きがあるそうです。

セイタンシチュー
【セイタン】小麦のグルテンから出来ている。たんぱく質が豊富。
      「生粋」の「生(セイ)」とたんぱく質の「タン」をあわせて「セイタン」と名づけられたそう。
     ・野菜の切り方と調理時間
         温かい季節・・・ 小さく切る ⇒ さっとゆでる調理法
         寒い季節・・・ 大きめに切る ⇒ 長時間コトコトさせる調理法

浅漬け
今日は大根と大根の葉と昆布の浅漬け。
お塩を振って優しく混ぜ、30分ほど置くだけなので簡単に出来ますね。
一年中美味しくいただける一品です。
他にきゅうりやりんごを加えてもよし。

フルーツクランチ(焼き上がりの図)
            
フルーツクランチ

フィリングにオレンジの絞り汁を使用したのですが、少し甘く感じました。
フィリングに使用する果物としては酸味のある果物(なし・杏・りんごなど)があうそうです。
こういうデザート好き

やはり本日は野菜入りひえが素晴らしかった!
これでポテトサラダなんかにも挑戦できそうな新たな希望が!
このレシピをカリキュラムにいれていただいてホントよかった。ありがとうございます

KMA B1⑤実習
<自分たちでした盛り付け>
関連記事
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuttari05.blog22.fc2.com/tb.php/196-6daa78d5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。