ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

手術後 その後~半年

術後3週間くらいまで、ぐったり感は顕著でした。
自分では大丈夫なつもりで動いていても、体はついてきてない、という感じ。
家の中では結構動けるのに、外に出ると俄然ダメになる。
それでも少し慣れないといけないので、無理のない程度で散歩でリハビリ。
人と長く喋ったりすることもできませんでした。
ぐるぐるしてしまって、気持ち悪くなる。
横になりたーい、という状態に。
術前とは真逆の低血圧になっていたので、ふらふらする。
でも、ゆっくり、自分のペースなら大丈夫という感じ。

術後4週間ほどで、初めての外来受診。
術後の経過はよい、とのこと。
が、コルチゾールを補うためのコートリルという薬を処方された。
朝起床時に0.5錠、夕方0.5錠。

その2日後に、よれよれながら職場復帰。
行きの電車で、すでに具合悪くなってしまった。
なので、しばらくは生き帰りは、人がまばらになる時間帯に通勤した。
会社にも長居はあまりできず。
早い動作ができず、廊下をあるくのもとぼとぼ。
人としゃべるのがやはり疲れる。

職場復帰して1カ月くらい経つと、ずいぶん体調も安定してきた。
でも忙しかったり、不安定なことがあると、すぐに崩れる。
術後2カ月後辺りでは、我ながら元気にになったな!と思えるほどに。
好調!好調!走ることも出来る。
走ってもさほど苦しくない!
やったー!元気になってきた~!!!
と思っていたのだけど、そうでもなかった。

術後半年が経った今でも、気持ちが急いたり、焦ったり、ストレスを感じたりすると、すぐに体調に現れる。
心臓の辺りがキュウーとなったり、そわそわしたり、ぐったりしたり。
人が出来るスピードや容量を自分はこなせないことを実感する。
無理をすると必ず尾を引く。
普通に生活は何とかできるが、夜遊びに行ったりなどは到底できない。
睡眠時間も削れない。

この体が、元気な体に戻るのだろうか。
と思いはするが、日々体のことを優先に考えながら、
今は無理をせずに過ごすことを心がけての生活だ。

2月の頭(退院後4回目)の外来で、前回の血液検査の結果を聞いた。
ホルモンの値の結果だ。
微量ではあるが、自力のホルモンが出ているそう。
少しホッとする。
ひとつ残された副腎が働いてくれるのは、本当に助かるな。
これから、もっと正常値に近づきますように。
年単位での経過観察がやっぱり必要のようです。
コートリルは起床時に0.5錠、まだ飲んでいます。

スポンサーサイト
Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。