ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

製本!(スクーリング科目「創作演習9」)

8月5日 編集の実践 最終日

 2週間の間にデザイナーさんと先生方が原稿を出力してくれます。なので、今日まで自分で提案したデザインがどのようにあがってくるか知らないわけです。本日、自分で書いて編集した本が出来上がるわけなので、朝から楽しみで。

 まず、本文を配られました。合っているかどうか、台割りを確認します。
今回は一折り4ページで印刷されていたので、それをノンブルの順になるように、丁寧に折って重ねていきます。
 次に、見返しと別丁扉。用意した見返しと別丁扉を順に重ね、表紙の台紙となる厚紙を前後(表1と表4)に当て、キッチリとずれないように几帳面にそろえ、クリップで仮止めします。そして、製本用のボンドで背を塗り固めます。
 ボンドが乾くまでの間、ランチ。
 そして、表紙を厚紙に貼り付けるために形に裁断します。背になる部分に厚紙を貼り、ここではなぎれとしおりを表紙の紙につけます。先程の本文のボンドが乾いたら、形に切った表紙でくるみます。私はここで、角を切りすぎて本文の厚紙の角が見えてしまう、という失敗をしました。そこは仕方ないので、表紙と同じ紙で先だけをくるみ、厚紙を隠しました。
 表紙をくるんだら、見返しでその表紙を押さえるように貼ります。これで、まず本としてはひとまず完成!あとは、カバーと帯です。

 カバーと帯を配られたときは、みんな小さくもひと歓声をあがりました。やっぱりカバーがどんな感じかで本の印象はずいぶん変わります。みんなそれぞれすてきな物に仕上がっていました。
 帯も、帯の文句も自分たちで考えて提出したのですが、それ以上に本物らしい文句を先生たちが挿入してくださり、より本物のようになっていました。
 カバーと帯を丁寧に切り、製本したものにふんわりとかけて、完成!!

IMG_0281-2-s.jpg


 書店に置いておいても見劣りのしない!ように見えます。最低でも16ページなのでごくごく薄いんですけどね。
 完成後は、講評です。デザイナーさんも来てくれまして、どんな意図をもって作成したのかなど話してくれました。8人が参加していたのですが、それぞれがそれぞれの内容の話で、全く違った装丁で本が完成しました。著者近影、略歴、奥付もちゃんとあります。
 本が出来上がっただけで、こんなに嬉しい。非売品の薄―いものだけど、誰に読まれるわけでもない本だけど、自分たちで切ったり貼ったりもしたわけで、唯一のものなわけで、るんるんするわけだ。本物の本が作れたらいいなぁとちらっと思った。

 今回の授業で、先生たちの指導する姿から「編集の仕事」というもの、「編集者」というものがどんな感じなのかを感じ取ることが出来た。「プロ」をむんむんと感じた。それも大きな収穫のひとつだった。
 

スポンサーサイト
Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

原発性アルドステロン症 症状

 検査の結果が出て、手術を待つ間、約1カ月半ありました。
 その間、セララとアムロジンを処方され服用。血圧は朝の平均が122/86、夜の平均が118/76と下が高めの時が何度かありましたが、比較的安定してました。
 ただ、血圧がよい数字を出しているからと言って、体調がよいというわけではありませんでした。元気な日もありますが、ダメな日のが圧倒的に多かった。
 どうダメなのかというと、私の場合ですが、まずは全体的にだるい、力が出ない。筋肉に力が入らない。だから疲れやすく、家にいるときはほぼ横になっていました。力が入らないというのは、おそらくカリウムが少ないのも関係しているのでしょう。
 そして、たまに心臓の辺りの圧迫感、そして動悸。
 気持ちは元気なのだけど、体がついて行かないという感じでした。会社にも普通に行きましたが、本音は家で休んでいたかった。見た目は元気そうなので、体の中の辛さはなかなか周りにはわかってもらえません。
 手術日を待つようにだんだん弱っていった感じがありました。勤務後にどこかに寄り道なんて出来ないし、飲み会などそういったことなど到底不可能でした。だから、まっすぐ家に帰って、早く横になる。そうしないと次の日がもつかどうか自信がもてなかった。こんな感じだから、いっそ早く入院したいとさえ思った。
 そんな症状の中、私が出来たことといえば、薬を飲み、カリウムの多い食品を取り、よく体を休めるということぐらいでした。
 人によって症状はまちまちだと思いますが、私の場合はこんな感じでした。

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

原発性アルドステロン症 手術入院

 先日、手術入院をして退院してきました。
 手術は、左の副腎に出来てしまった腫瘍を取るべく、副腎ごと全部摘出するという手術。

 8/15 入院 下剤をのみ腸を空に。食事はもちろんなし。点滴をつけられる。
 8/16 手術 14:00開始 17:45頃終了
 8/17 立って歩かなければいけないが、起き上がることすら出来ない
 8/18 朝、ようやく立ちあがれ、とぼとぼ歩くことが出来る。 硬膜外麻酔の針とる。
 8/19 切ったところのガーゼはずれる
 8/20 シャワー可になる。 深夜に38.8度の発熱
 8/21 結構すたすた歩けるようになる 昨夜の発熱で退院が一日延びる
 8/22 内科へ転科 
 8/23 ACTH負荷試験後、退院
 
 今回の入院をざっと振り返るとこんな感じでした。
 術後は、非常につらくやはり2度とやりたくない、と思いました。ただ、吐いたり、高熱が続いたりなどそういったことがなかったので、そういう意味では順調だったのではないかと思います。比較的元気でしたし、ぐったりと横になることもありませんでした。食欲もあり、ご飯も少しずつ食べれるようになりました。
 血圧も安定していて、一応今度の外来まで薬なしで試してみよう、ということになりました。検査入院よりも早い退院で、予定よりも早かったので少し驚きましたが、無事退院しました。
 ですが、その退院日から若干今までの元気さが薄れてきました。下の血圧も高めに。今思うと、病院にいるときの方が元気でした。手術前のようなぐったり感があります。医師が術後もそのような症状が出ると言っていた、あれでしょうか。歩くと傷口とは違う、内臓のどこかが痛くなってそんなに距離を歩くことができません。
 今は次の外来を待ちながら様子見をしているところです。リハビリに散歩をしながら。

Category : やまい
Posted by ゆなりんご on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。