ゆったりんご | 観る、読む、思考、書き、創る、そして眠る、そんな日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ゆなりんご on  | 

世界の文学作品に触れる(スクーリング科目「文芸講義2」)

11月11日~13日
「文芸講義2 外国文学」

4回目のスクーリング。
今回は、2日目と3日目だけ受講会場がキャンパスでなく別のところであった。そういうこともあるんだなぁと思いつつ、会場が変わるだけで変化が出て3日間、すぐ過ぎたような気がする。
 今回は「外国文学」と題して世界のあらゆる文学を取り上げた講義だった。

 1日目:
   1講時 シェイクスピア『マクベス』と『ロミオとジュリエット』
   2講時 ラクロ『危険な関係』と心理小説の系譜
   3講時 フロベール『ボヴァリー夫人』
   4講時 ウィーンからプラハへ(シュニッツラー『夢小説』、カフカ『城』)

  2日目:
   1講時 ジェイン・オースティンと19世紀イギリス小説──『エマ』を中心に
   2講時 教養小説の系譜──ゲーテからジョイスまで
   3講時 小説と世界──ヘンリー・ジェイムズの方法
   4講時 意識と小説──ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』を読む

  3日目:
   1講時 プルースト『失われた時を求めて』
   2講時 フォークナー『響きと怒り』
   3講時 ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』
   4講時 ポストコロニアル文学と新しい文学の潮流

1日目は18世紀より以前のもの、2日目は19世紀、3日目は20世紀といっただいたいの流れの中で進んで行った。先生たちも仰っていたけど、時間の都合上余りにも駆け足過ぎて、ほとんどが紹介程度でした。自分で深く読み解いていかないと記憶の奥底に追いやられてしまうなぁ。
 そして、付きもののスクーリング課題は、この講義の中で強く関心をもったテーマや作家から一つ選び、第三者に紹介しながら論述展開せよ、とのことだったので、迷わず「シェイクスピア」を選びました。
 いろいろ調べていくと、やはりおもしろい。今までのシェイクスピアのイメージが少し変わったなぁ。シェイクスピアの戯曲が文学として今日まで残ってきたのはどうしてか、といったことをテーマにしてかいたのだけど、その時代の演劇のおかれる立場とかその背景とかその時代の流れの中でシェイクスピアの作品の扱いはどんな変化を遂げて来たのかなど、こうゆう課題でもないと探らなかったかもしれないので、これはとてもいい機会だった。

 あぁ、課題に追われることなくゆっくり読みたい。
 でも、追われでもしないと出会わないものも多い…。

スポンサーサイト
Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 2 comments  0 trackback

かまどさんでサツマイモごはん

ようやく「かまどさん」を下ろした。
初めての仕事はさつまいもごはん。
適度におコゲも出来て、いい感じ。
おいしくて、おかわり3杯もしてしまった!食べすぎ!
遠赤外線効果かねぇ♪



Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

スクーリング弁当

スクーリングの時は、なぜかちゃんとお弁当を作る気になる。
単に、お弁当持っていかないとお昼がないからなんだけど。
昨日作ったサツマイモごはんを誇らしげに詰めた。


Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback

テーマを観点にして読む(スクーリング科目「文芸講義7」)

11月26日、27日
「文芸講義7 文学への視点2」

今年度5回目のスクーリング。
文学への視点ということで、小説をテーマ別に読み解いていくという試み。
もちろん1つの小説にテーマがひとつだけとは限らないので、あらゆる角度から読むことが出来た。

【1日目】
2講時 【旅】
 ナボコフ『初恋』(『ナボコフ短編全集Ⅱ』所収、作品社)、
 夏目漱石『草枕』(新潮文庫、岩波文庫)、
 コンラッド『闇の奥』(光文社古典新訳文庫)

3講時 【子供】
 谷崎潤一郎『少年』(『刺青・秘密』所収、新潮文庫)、
 大江健三郎『芽むしり仔撃ち』(新潮文庫)、
 コレット『青い麦』(光文社古典新訳文庫)

4講時 【恋愛】
 井上靖『猟銃』(新潮文庫)、
 スタンダール『赤と黒』II-17,18(岩波文庫)、
 E・ブロンテ『嵐が丘』(新潮文庫)

【2日目】
2講時 【戦争】
 井上ひさし『父と暮せば』(新潮文庫)、
 開高健『輝ける闇』(新潮文庫)、
 トルストイ『戦争と平和』(岩波文庫)

3講時 【異界】
 中島敦『山月記』(新潮文庫)、
 柳田国男『遠野物語』(新潮文庫)、
 ダンテ『神曲』地獄篇(集英社文庫)

4講時 【病い】
 堀辰雄『風立ちぬ』(新潮文庫)、
 正岡子規『病牀六尺』(岩波文庫)、
 トーマス・マン『魔の山』(岩波文庫)

 そして、この講義のスクーリング課題は、授業で取り上げたテーマの中から1つ選び、2つ以上の文学作品を読解せよ、というものだったので、「恋愛」を選びました。それは単に、この課題以外にも課題を抱えていたので、出来るだけ短い作品を・・・と考えたとき、『猟銃』がぴたりとはまってしまったからです・・。
 それに加えてラシーヌの『アンドロマック』と合わせてレポートを書きました。
 『アンドロマック』も比較的短めの戯曲で、勧めてもらいそれに決めたのですが、今の私にはまだまだ難しく、なんとか書き終えたけどもなんだか中途半端な感じが残ってしまったなという感じだ。評価はいかに。

Category : 大学
Posted by ゆなりんご on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。